中学校 転校 手続

現在通っている学校へ挨拶は必要?


子どもが転校するにあたり、子供はさておき…親としては学校に挨拶しに行く?行かない?など悩みがありますよね。そのお悩みを解決いたします!

 

1.担任の先生には直接会って転校する旨をお話するのか?電話?連絡帳などに書くのか?


転校する報告はどれでも大丈夫です。(直接・電話・連絡帳)連絡を受けて、必要書類を持たせてくれる先生もいるようです。直接ご挨拶に行く場合は、先生方の都合もありますのであらかじめ電話をして都合の良い日を聞いてから行きましょう。
また、子供が低学年の場合は直接学校へ出向いたほうが良いでしょう。書類を破いたり、なくしてしまう危険があります…。

 

 

2.最終登校日・終業式の日は親も一緒にいって挨拶をするのがよいのか?


せっかく先生にはお世話になったので子供と一緒に挨拶するとよいでしょう。その際に新しい学校へもっていく書類も受け取れます。事前に連絡帳等でいつ伺ってよいか連絡をしておきましょう。
ちなみに書類は、【在学証明書】と【教科書給与証明書】です。

 

 

3.ママ友にはいつごろ話をするべきか?


親しいママ友へは、確実に引っ越すことを分かった時点で話しておくと良いです。引越しの準備でバタバタとして忙しくなるので余裕がなくなってきます。ほかの方には子供の口を通じて伝わるので話さなくても分かるかもしれませんが、参観日や懇談会、行事の際に挨拶すれば良いでしょう。

 

 

4.お礼の粗品は渡すのか?お友達には?先生には?


気持ち程度に粗品を渡します。あまり高価なものは渡せませんので、子どもたちには鉛筆や消しゴムなどの日常生活に使用できるもの、先生にはお菓子やハンカチにしましょう。
登校最終日や前もって先生にお渡ししておき、先生からクラスの子どもたちへ渡してもらうようにしてもらうと良いでしょう。

 

5.挨拶の時の服装はどうするか?


そこまで悩む必要はありません!カジュアルな格好でも大丈夫です。派手な服装・肩だしなどの肌が大きく見える服装は常識がないとみられる上に浮いてしまいます。
服装よりも態度が大事です!しっかりお世話になったことを先生に伝えてくださいね。

 

中学校の転校手続き【完全マスター】にもどる